後ろ向きな理由は言わない

転職の面接では、色々なことを聞かれます。必ず聞かれることとしては、前の会社についての説明が求められます。どうして退社したのか、会社での失敗はあったのかについて聞かれることは多く、それについてどのように話すのかが求められます
実はネガティブな説明をすると、それだけで採用意欲が落ちてしまうのです。会社が嫌だったから辞めたのではなく、こういう事情があって辞めることにしたという風に変えなければなりません。自分に非があったことを説明しつつ、前向きに転職をしたいと考えたと話をすることが必要です

また前の会社では失敗した事例について説明する機会があります。その際にミスだけを話すのでは、転職面接として不適切なのです。ミスを犯したのであれば、どのように改善することができるのかを考え、それを話すことが最適とされています。改善についての話をしていれば、会社側はそれなりにできる人材だと判断してくれます
このように前向きに話をすることが必要で、ネガティブな理由は捨てなければなりません。捨てることによって、前向きに頑張っている人材であることを証明することができます。どうしても後ろ向きな説明をしなければならない時は、出来るだけ前向きな発言と組み合わせることが必要となります

参考
30代の転職術!?成功する3つのポイント
30代の転職に欠かせないポイントの紹介

採用情報|企業情報|タカシマヤ

面接で聞かれることは必ずありますから、悪い理由で辞めたとしても、前向きにとらえられるように説明することが必要となります。それが転職成功への近道となりますし、企業側の印象を良くする要因となります

web analytics