第一転職時期について

 最近増えてきている転職の相談は若い人です。特に大学卒業して就職してから2,3年たち仕事をするという事がどんなものであるのか?そして会社の方向性、自分がどれだけ出世できるかを情報として知り思い描けるようになってきます。そのような時に自分が思い描いていたものと今勤めている会社とのギャップを感じて転職を希望するようになります。これを第一転職時期といえるでしょう。

 この時期に転職をするほうが良いのか?それはその日と個人の状況によって異なってきます。特にこの若い世代は就職氷河期でしたから自分が仕事をしたい会社を選ぶのでなくて雇ってくれる会社を選ぶ人が多かったゆえに自分の志望する職場で働けていない人が多くありません。

 その状況はかわいそうでもありますがそもそも自分のやりたい事を仕事としている人は非常に少ない比率です。ではこの第一転職時期をどのように考える事ができるのでしょうか?まず転職したい本当の理由を考える必要があります。ただ単に今の仕事が嫌いになっただけであるならば他の会社に転職したとしてもまたその同じような状況になってしまう場合がありますのでもう少し我慢してから決定する必要があるでしょう。

【特集記事】
25歳の転職で必須の掟
25歳で転職に挑戦するために必要な知識が満載!

政治 – 毎日新聞

 明確なビジョンがある方でも就職して2,3年目での転職は次の就職先の印象もあまり良くありませんから慎重に考えて決定する必要があります。しかしこの仕事を続けても自分が自分としていられないと考えて精神的な病気を抱え込んでしまうなど切羽詰った状況ではよりは思い切って転職する事もできます。その時は転職専門化と良く相談しリスクを注意深く検討しながら決定する必要があるでしょう。

web analytics