面接時に会社について調べておこう

面接は数少ないチャンス

 興味のある会社があっても、なかなか会社の中に入ってまで調べられる機会はありません。数少ないそのチャンスを逃さずに、きちんと転職先を絞りましょう。例えば、その数少ないチャンスは面接となります。

面接はほとんどの企業で行われる

 面接を行わない転職はありませんし、だからこそすべての会社の中を見学できるチャンスとなります。特に社会人は、なかなか会社を離れて行動できる機会はありません。その意味でも非常に貴重な機会となるので、必ず活かしましょう。できれば、その会社に勤めている方に話を聞いて、どんなものかと調査したいところです。

自分は見られている

 ただし、自分が見られていることも忘れてはなりません。例えば受付です。受付が自分に感じた感覚を、面接官が後で聞くことも珍しくありません。あまり失礼な態度をとらないようにしながら、じっくりと会社の中を調べましょう。

これも立派な情報収集

 このようなチャンスも、立派な情報収集となります。情報収集を怠る方はとても転職で成功しないので、口コミだけでなく自分の身体を使って確かめましょう。特に面接はそう何度も行わないので、余計に貴重なチャンスとなります。

web analytics